腰痛の治療は、まず原因を明確にすることから。
原因によって温めるべきか、冷やすべきかなどの対応が違って
くるからです。

あまり知られていない原因に、内臓疾患があります。

内臓の病気が原因で、神経を圧迫して腰痛となってしまうのです。
この内臓疾患による腰痛は、注意が必要です。
内臓疾患の場合は急な痛みではなく、慢性的な痛みとなります。

一般に腰痛を感じたら整形外科で診てもらいますよね。

しかし、その原因が内臓疾患にある場合は、整形外科では原因を
特定することはできません。

自分で腰痛の原因を見極める方法があります。

腰痛を感じている時に姿勢を変えて、症状がどうなるかを
よく観察しましょう。

姿勢を変えても変化がなければ、内臓疾患の可能性があります。

腰痛の原因となる内臓疾患も幅広いため、内科で検査してもらいことが
大切です。

重症な病気もあります。
腎臓結石、癌、前立腺肥大症、胃潰瘍、胆管炎、消化器癌、子宮筋腫などは
すぐにでも治療を始めなければなりません。

また、風邪やインフルエンザでも腰痛となります。
この場合は腰痛以外の自覚症状があるので、分かりやすいですよね。

トップページにかえる

How to エステ