膝痛と腰痛。
この2つは、原因は同じだといわれています。

腰痛の一番の原因は、老化です。

腰痛は、背骨の周辺が動きにくく、神経を刺激するために起こる
痛みです。

関節痛も同じように関節部の神経が痛みを感じます。

関節を作っている骨の継ぎ目部分が、老化によってスムーズに
動かないようになってしまうのです。

老化によって軟骨の働きが弱くなることは避けられません。
しかし、手術などで痛みが起きないようにすることは可能です。

次に、筋肉疲労によるものも多いです。
不自然な姿勢を続けていたり、重労働をしたりした時には
腰が痛くなりますね。

しかし、この場合は、十分休養を取れば回復するので、
腰痛とは区別しなければなりません。

腰痛の原因として椎間板ヘルニアがあります。
椎間板は背骨のクッションの役割をするところです。
クッションの弾力がなくなるために痛みを伴うのです。

気になる人は整形外科で骨の状態を調べてもらうといいでしょう。


トップページにかえる

How to エステ