腰痛は、人間が二足歩行をするようになってから、生じたと考えられます。
したがって、人間である限り腰痛を起こす可能性は高いのです。

でも、人によって腰痛を感じていない元気な人もいますね。
その違いは何なのでしょう?

腰痛は個人差が大きいため、誰でも同じ治療をするわけではありません。
ただ、痛みのない元気な時に腹筋や背筋を鍛えておきましょう。
腰痛となってからの激しい運動は無理なので、常日ごろから筋力を
付けておくことで、腰痛を防ぐことができるのです。


腰痛の改善方法は、その原因となる病気を特定することが先決で、
それによって対応の方法が違ってきます。

一般には整形外科で診察を受けることが多いでしょうが、
内科系の病気でも腰痛となりますから、注意が必要ですね。

脊椎分離症や脊椎すべり症では、コルセットを付けたり、
痛み止めの薬を飲んだりします。

また、病院で赤外線での温熱療法も一般的ですね。

治療しても腰痛の改善が見られず、日常生活に支障が出る場合には
脊椎を固定するために手術が必要となります。

変形性腰椎症はいろいろな治療法があります。
温熱療法、薬物療法、低周波治療、ストレッチ、筋肉トレーニングなどです。

腰痛は、年齢や痛みの程度によって治療法が変わります。

★脊椎分離症や脊椎すべり症
 コルセットを付けたり、痛み止めの薬を飲んだりします。

★椎間板ヘルニア
 まずは、安静第一です。
 間違ってもストレッチなどをしてはいけません。
 もちろん、痛みで動かすこともできないでしょう。
 コルセットを付けて、腰の骨を固定します。

トップページにかえる

How to エステ