腰痛は男性でも女性でも感じますが、女性特有の腰痛があります。

女性の腰痛の原因は、生理や子宮内膜症が考えられます。
ハイヒールの常用も腰痛を誘発することもあって、注意が必要です。

これらは、男性にはない腰痛です。

では、対策は?
生理による腰痛は、症状を和らげるための方法を取ることが大切です。

また、妊娠によって腰に負担がかかるので、これも腰痛の原因となります。

ハイヒールを履いた状態では体の姿勢が不自然になっているので、
それを続けていると腰痛になってしまうのです。

子宮内膜症は慢性的な病気であり、ホルモンのバランスが崩れてしまうと
言われています。

この病気を治すことは難しいので、腰痛を改善するのではなく、
軽減することを考えましょう。


トップページにかえる

How to エステ