ひざの痛みで悩んでいる人の多くが高齢者です。
しかも、特に高齢女性に多く見られる症状です。

女性の発症する割合が、男性よりも4倍多いとか。

ではどうして女性に多いのかは定かではありません。

推測ですが、おそらく多くの女性がとりがちな姿勢に
関係しているのだと思います。

ひざの痛みは猫背で、O脚、そして足首が内反していることが
原因となって起こるのです。

ひざの痛みが女性に多いのは、
猫背で、O脚、内股という姿勢によると考えられています。

もし、女性であって、ひざの痛みで悩んでいたら、
まずは自分の姿勢を改善することが肝心でしょう。


では、どんな姿勢がひざの痛みに関係するのでしょう。

まず猫背。
猫背になると、ひざはつねに曲がった状態になりますよね。

ひざが曲がった状態で歩いていると、ももの裏にある筋肉の
ハムストリングスが機能しなくなります。


ハムストリングスが機能しない状態は、
それだけで正常な状態ではありません。

またO脚に関しても、
女性は男性よりも骨盤が柔軟に出来ているので
O脚になりやすいと言われています。.

このO脚も正常な状態だとは言えないので、
この状態が10年、20年と続いていくと、ひざに負担が蓄積して、
ひざの痛みとなって現れるようになってくるのです。





ひざの痛みのトップに返る