体のなかには軟骨があります。

軟骨の役目は、
関節と関節のクッション的な役割です。

衝撃を和らげ、関節同士の摩擦を防いでくるもので、
関節を曲げたり伸ばしたりする際に、働いてくれるわけです。

ところが、加齢やグルコサミン不足などでその軟骨が
擦り減ってしまうことがあります。


そうなると、関節と関節が直接すれて、「あいた〜ッ!」ということに。
これを「変形性関節症」と言います。

50代以上の方によく見られる症状ですね。

変形性関節症は、体中の関節の中でも、特に膝や肘、腰、股関節などに
この症状はおこりやすいのです。


変形性膝関節症の場合は症状がひどくなると、日常生活に支障を
出してしまいます。

多い症状としては、
階段を上ったり下がったりするだけで膝が痛いというものですね。


それから、正座ができないということもあります。

私の友人のお母様も正座ができなくて、友人(娘さん)の結婚式で
つらい思いをしたとか。


そこで擦り減ってしまった軟骨を少しでも補強するために、
グルコサミンと言う軟骨の主成分を体外から補う事が
重要となります。

グルコサミンを定期的に補っていけば軟骨が補強され、
変形性関節症の痛みが解消されてきたり、
症状の進行を食い止めることが出来るのです。


今では、変形性関節症の治療にグルコサミンが効果的だと
言われているものの、まだまだ年月が浅いですが、
このグルコサミンを関節症の治療として使うのは、
ヨーロッパあたりでは昔から注目を集めていた様です。





ひざの痛みのトップに返る