高齢になって膝の痛みを訴える人はたくさんいます。
年齢とともに体のいろいろな部分に痛みを感じるようになるのです。
膝の痛みの場合は、歩くことが困難になってしまうため、
できるだけ早く改善させましょう。

近くに病院があれば、早めに受診しましょうね。

膝の痛みは原因によって対策が異なります。
一つは手術を行わない治療法です。
保存的療法と呼ばれています。

これには、薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法があります。
それぞれは単独の治療も行いますが、複合的な治療になるケースも
少なくありません。

薬物療法は薬によって、痛みを和らげながら、
膝関節の動きをよくするヒアルロン酸を吸収させることもあります。

装具療法は膝に圧力がかからないように器具を取り付けることです。
サポーターやコルセットなどを使って、痛みを和らげる方法です。

温熱療法は患部の血行を良くて炎症を抑え、関節の動きを
スムーズにさせます。

運動療法は、リハビリテーションのことです。
これによって周りの筋肉を強化するわけです。





ひざの痛みのトップに返る