40歳を過ぎると膝の痛みを訴える人が増えます。
若い人の場合は、スポーツなどによる痛みが一般的です。
これは原因も比較的わかりやすいので、改善方法もいくつかあります。

しかし、高齢者の痛みは原因が複数になるので、根本的な改善が
できないケースも多いようです。

人間は二足歩行をするので、膝に負担がかかりやすくなります。
特に太っている人は体重の重みが膝や足首にかかるので、
負担が大きく、それが膝の痛みとなるのです。

膝には軟骨があって、これが膝をスムーズに曲げ伸ばしを実現して
くれます。

しかし、年齢とともに軟骨が消耗して、擦り減ってしまうのです。
これは病気ではないというものの、手術などで改善できます。

痛いからと関節を動かさないでいると、余計に動かなくなって
しまいます。
でも、無理に動かすと痛いので、困ったと感じることが多いのですね。

最近はストレッチなどで膝を徐々に動かすことで痛みを和らげる方法が
主流となりました。

自分の膝の痛みがどこから来るのかを、しっかりと調べてもらいましょう。
その上で治療法を病院の先生と話し合うのがいいですね。






ひざの痛みのトップに返る