元来、人間の膝は頑丈にできています。
なぜなら、22本足で歩かねばならないからです。

人間は、普通の歩き方なら、膝の痛みは生じません。
高齢化による体の衰えは否定できないとしても、
若いにも関わらず膝が痛いとあれば、何らかの病気を想定
すべきでしょう。

そして、歩く度に痛みが生じるようであれば、病院で検査を
してもらうのがいいですね。

一度だけの痛みならその後の様子をみるということもあり得ますが、
運動する度に痛いというのは、やはり何らかの改善をしなければ
いけないでしょうね。

歩き方が悪くて無用に膝に負担をかけることもあります。

病院では触診によって膝の異常がわかる場合もあります。
レントゲン検査や触診で、病気が見つかるかもしれません。
多くの人が膝の痛みを感じていますが、薬や手術によって
改善できる場合が多いようです。

膝の痛みで歩けなくなると、他の部分まで衰えてきます。
痛いからと言って全くあるかないというのも困りもの。
歩ける程度にまでの改善はしておきましょう。





ひざの痛みのトップに返る