年齢とともに体のいろいろな部分に痛みを感じるようになります。
その中でも膝の痛みは、とても辛いものです。

膝の痛みがあると、歩くことが億劫になってしまうため、生活に不便を
感じてしまいますので、できるだけ早く改善させたいものです。

医療機関で行われている治療法は、どんなものかというと、
膝の痛みは原因によって対策が異なるようです。

一般的には整形外科を受診することが多いと思います。


★手術を行わない治療法

保存的療法と呼ばれています。
保存的療法はさらに分けられて、
薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法が挙げられます。

これらは単独の治療が行われる場合もありますが、複合的な治療となる
ケースも少なくありません。

薬物療法は、薬によって痛みを和らげながら、膝関節の動きをよくする
ヒアルロン酸を吸収させます。

装具療法は、膝に圧力がかからないように器具を取り付けることです。
痛みの程度によって、サポーターやコルセットなどの器具を使います。

温熱療法は、患部の血行を良くすることで、炎症を抑え関節の動きを
スムーズにさせます。

運動療法は、いわゆるリハビリテーションです。
安静にしているだけでは完治しないので、周りの筋肉を強化させます。


★手術療法
手術を行うことで痛みがなくなり、元のように歩ける人も少なくありません。




ひざの痛みのトップに返る