ストレッチをすれば、膝の周囲の筋肉や腱が柔らかくなり、
痛みが改善する人も多いようです。

膝に痛みがあると歩くことが億劫になります。
そのため、さらに運動をしなくなり、体全体がこわばってきます。
これでは悪循環ですよね。

改善するには、体や膝を動かすことです。

もちろん、無理のない範囲を守ることが大切で、痛みを我慢するほど
無理をしてはいけません。

膝の痛みの原因は病院でわかる場合もありますが、
逆に、これと言った原因が見当たらないケースの方が多いようです。

そのため、治療法と言っても、痛みを和らげるための薬や外用薬を
もらうだけ、といったことも多いのです。

病院で治療をしている人でも、自宅でストレッチをするのは
いいことです。

膝が痛い時には動かさない方がいいとする考え方もありますが、
膝はもともと、曲げ伸ばしをするようにできているのです。

なので、曲げ伸ばしをしていれば、周囲が硬くなってしまうことは
ありません。

ストレッチをすることで、その効果はすぐに表れてきます。
ただし、長い間膝を使わなかった人は、あせらないで。
ストレッチは少しずつにしなければなりません。





ひざの痛みのトップに返る