膝の痛みには、治療らしい治療は存在しないと言ってもいいようです。
膝の痛みの原因がよくわからないからです。

なので、改善の効果がある治療が打ち出せないのです。

対応としては湿布薬をもらったり、サポーターをしたりすることでしょうか。
しかし、これではいつまで経っても膝の痛みは改善しません。

そこで、自宅でできる治療を紹介しましょう。
ただし、すべての人に効果があるわけではありません。
過信しないでください。

まず、湿布薬は膝の痛みを和らげてくれますが、それは対処療法に過ぎず、
根本的な対策ではないことを理解しましょう。

膝の痛みを和らげるためには、膝を動かすことです。

もちろん、少しずつ動かしましょう。
急に動かすと激痛となりますから。

言わば、膝が錆びついてしまっている状態なので、
油を注しながら、少しずつ動かというイメージですよね。

動き始めると、元のようにスムーズに動かすことができるようになります。
もちろん、短期間でやめるのではなく、
今まで痛みが続いてきた期間分だけは続ける方がいいです。

インターネットには膝のストレッチの方法が書かれています。
それらの情報を見ながら、自分にできる範囲で行います。

スポーツ時の怪我などを専門的に治療している医師の中には、
膝を動かして治すと言う方法も取り入れている場合が多いようです。





ひざの痛みのトップに返る