膝の痛みが強くなるのは、
男女とも40歳を過ぎたくらいからだと言われています。

若い人の場合は、スポーツなどによる膝の痛みが一般的です。
これは原因も比較的わかりやすいので、改善方法もいくつかあります。


しかし、高齢者の痛みは原因が複数になるんですね。

だから、根本的な改善が とりにくいケースも多いのです。

人間は立って歩くので、どうしても膝に負担がかかります。
特に太っている人は体重の重みが膝や足首に集中してしまい、
それが膝の痛みとなるのです。

膝の軟骨年齢とともにその軟骨が消耗していき、擦り減ってしまうのです。

また、骨粗鬆症などの場合は軟骨以外の部分ももろくなっているので、
ちょっとしたことでも骨折につながるのです。

でも、痛いからと言ってかばって
関節を動かさないでいると、余計に動かなくなってしまいます。

なので、ストレッチなどで徐々に膝を動かすことをお勧めします。

しかし、これはすべての人に適用できるわけではありません。

自分の膝の痛みがどこから来るのかが分からない限りは、
その対策もとりにくいということですね。





ひざの痛みのトップに返る