薬を使って膝の痛みを改善する治療法もあります。

一番ポピュラーな薬は、湿布薬に代表される外用薬です。
飲み薬も使用されます。
膝関節に直接薬を注射する方法もあります。

これらの薬は用途によって使い分けられますが、
メリットもあれば、デメリットもあります。

外用薬は湿布薬や軟膏です。
患部を温めたり、冷やしたりして痛みの改善を図ります。

効果は中程度といったところででしょうか.
副作用はありませんが、たまに敏感肌の人がかぶれるくらいです。

これは簡単に使えていいですね。
自宅で自分だけで貼ることができるのも便利です。


内服薬は炎症を抑える薬です。
効果は大きいですが、副作用も大きくなります。
胃痛や胸やけ、食欲不振を起こします。

これは膝の痛みだけを和らげるのではなく、体全体に効果があります。
内服薬よりも坐薬の方がさらに強い効果があります。


患部に直接注射をする場合は、大きな効果が期待できます。
患部だけに作用します。
副作用の心配がないのがメリットでしょう。






ひざの痛みのトップに返る